キーワードから探す

LIGHT FX
サービスについて

サービスについて

0.1Lot単位からお取引いただけます。(1Lotは10,000通貨、0.1Lotは1,000通貨)
ただし、RUB/JPYにおいては1Lotは100,000通貨、0.1Lotは10,000通貨です。

取引数量の上限は通貨ペアにより異なります。
詳細はサービス概要をご確認ください。

建玉数量上限は、全通貨ペアの売建玉と買建玉を合計して5,000Lotです。
建玉件数上限は、建玉数量にかかわらず全通貨ペアの売建玉と買建玉を合計して500件です。

※建玉数量上限は、上記のうち、通貨ペアごとの上限もございます。
詳細はサービス概要をご確認ください。

両建設定を「ON」にすると、同一通貨ペアの売建玉と買建玉を同時に保有することができます。
「OFF」にすると、同一通貨ペアの反対ポジションを保有している場合は「決済注文」として約定日時の古い建玉から順に決済されます。
なお、両建における必要証拠金は、各通貨ペアの売建玉の合計と買建玉の合計の両方に対して算出した額のうち、高い方とします。

※支払いと受取りのスワップポイントの差がマイナスになることや、スプレッドコストが二重にかかるなど、経済合理性を欠くおそれがあります。

 

できません。
日本円のみのお取扱いです。

お取引できます。
ただし、年末年始やクリスマスシーズンには取引時間が制限される場合がございます。

※年末年始やクリスマスシーズンの取引時間についてはホームページ等でご案内いたします。

電話からのご注文はお受付けしておりません。

デリバリー(現物受渡し)はできません。

コンバージョン(外貨両替)はできません。

デモトレードのご用意はございません。

「LIGHT FX」各取引画面にて、ロスカット通知、証拠金不足通知、アラート通知、注文失効通知、約定通知の設定が可能です。
また、入金確認メール、出金確認メール、証拠金不足詳細メールなどは自動的に配信されます。

LIGHT FXアプリ版にて、約定通知、アラート通知、ロスカット通知、経済指標通知、TMサイン通知の設定が可能です。

※プッシュ通知は通信状況などにより届かない場合があります。
※お使いの端末の設定画面にてアプリの通知設定をOFFにしている場合、本アプリのプッシュ通知機能はご利用いただけません。
お使いの端末にてご確認ください。

売値(BID)と買値(ASK)との差のことです。
同じ時間では、買値が売値よりも高くなります。

スプレッドはリアルタイム為替レートまたは取引画面へログインしプライスボードでご覧いただけます。

指標発表時など、マーケットの状況によっては大きく変動することもございます。

外国為替証拠金取引(FX)では、異なる通貨間の取引をする際に、通常2日後の決済となり、通貨の受渡しが行われます。
その際通貨間の金利格差を調整するため、その差額の受払いが行われます。
これをスワップポイントといいます。
「LGIHT FX」では、営業日を繰り延べて通貨を保有(ロールオーバー)した場合、スワップポイントが付与されます。
詳細は「スワップポイントとは?」をご覧ください。

スワップポイントはスワップカレンダーまたは取引画面のプライスボードでご確認いただけます。

※1Lotあたりのスワップポイントを表示しています。
※0.1Lot単位の場合は1Lotあたりのスワップポイントの10分の1の金額となります。
なお、1円未満のスワップポイントは、受取り支払いともに日々積み立てられますが、取引画面の累計スワップおよびスワップポイントの決済時(ポジションの決済またはスワップ受取)においては、受取りの場合は小数点以下を切捨て、支払いの場合は切上げて反映されます。

スワップカレンダー」のスワップポイントは円表記ですが、取引画面のプライスボードに表示されているスワップポイントは、決済通貨(通貨ペアの右側の通貨)の価格です。
「USD/JPY」の場合は円表記、「EUR/USD」の場合はドル表記となります。
こちらを該当営業日のクローズレートの仲値で円転し、付与いたします。

スワップポイント発生元のポジションを決済する前でも、受取りができます。
また、ポジション照会から「スワップ受取」をクリックすると、受取りした分のスワップポイントは、FX口座の振替可能額へ反映されます。
振替可能額へ反映されたスワップポイントは、FX口座から入出金口座へ資金振替後、出金予約を行っていただくことにより、ご登録されているお客様の金融機関口座へ出金することが可能です。

※出金予約は、1 回あたり2,000 円以上の金額とさせていただきます。
全額出金請求の際は、この限りではありません。

スワップポイントは、受渡日が日本や海外の市場休場日にあたる場合、付与日数が変則的になり、ポジションを翌営業日に持ち越しした場合でも受渡日の繰り延べが発生せず、スワップポイントの付与が先送りとなる場合があります。
詳細は、「スワップカレンダー」をご確認ください。

※1Lotあたりのスワップポイントを表示しています。
※0.1Lot単位の場合は1Lotあたりのスワップポイントの10分の1の金額となります。
なお、1円未満のスワップポイントは、受取り支払いともに日々積み立てられますが、取引画面の累計スワップおよびスワップポイントの決済時(ポジションの決済またはスワップ受取)においては、受取りの場合は小数点以下を切捨て、支払いの場合は切上げて反映されます。

はい、可能です。
付与されたスワップポイントは、建玉可能額に反映されます。

個人口座は25倍です。
ただし、RUB/JPYにおいてはレバレッジは10倍です。
法人口座は通貨ペアごとに毎週見直しされます。
詳しくは法人口座レバレッジをご確認ください。

※個人口座、法人口座共にレバレッジを選択することはできません。

レバレッジと損益は連動しません。
レバレッジは、必要証拠金の何倍の金額の取引を行うかを示すものなので、レバレッジが25倍だとしても、損益が25倍になるわけではありません。
損益は取引数量とレートの変動によって計算されます。

実効レバレッジとは取引する通貨ペアのレートや数量、純資産額をもとに、実質的なレバレッジの効果を示した目安の数値です。
取引数量と純資産を調整することにより、実効レバレッジの調整が可能です。
お取引の際は実効レバレッジシミュレーションをご活用ください。

「LIGHT FX」ではお客様の資産を守る観点から、証拠金維持率が100%以下になると、全建玉が自動的に決済されます。
これをロスカットといいます。
ただし、予想以上に大きく変動すると、預託証拠金の範囲を超える可能性もございます。
ロスカットは証拠金維持率の100%の金額を保証するものではございませんので、余裕を持ったご資金での運用をお勧めいたします。
指値・逆指値などの予約中の注文が約定したことにより、証拠金維持率が100%以下になった場合でも自動ロスカットが行われます。

※入出金口座に証拠金が十分あった場合でも、FX口座で証拠金維持率が100%以下になれば「LIGHT FX」にて自動ロスカットが行われますのでご注意ください。
※詳細は「ロスカットとは?」をご確認ください。

建玉に対する証拠金の余力の割合(%)です。
「純資産÷必要証拠金×100」で計算可能です。

※入出金口座に証拠金が十分あった場合でも、FX口座で証拠金維持率が100%以下になれば「LIGHT FX」にて自動ロスカットが行われますのでご注意ください。
※詳細は「ロスカットとは?」をご確認ください。

FX口座の証拠金維持率が100%以下になった時点で、システムにより自動的にロスカットを行います。
詳細は「ロスカットとは?」をご確認ください。

証拠金維持率が100%以下にならないように維持していただくことでロスカットは回避できます。
証拠金維持率を上げるには以下の2つの方法がございます。

1.証拠金を新たに入金し、FX口座へ資金振替を行います。
純資産が上昇するため、証拠金維持率が上昇いたします。

2.「LIGHT FX」にてポジションの一部を決済します。
必要証拠金が減るため、証拠金維持率が上昇いたします。

マイナス分の金額を速やかに入金し、FX口座へ資金振替を行っていただく必要がございます。