レバレッジとは?

FXの大きな特徴でもある「レバレッジ」とは、FX会社に預けた証拠金の額に対して、数倍の額の取引が行える仕組みのことです。

レバレッジを設定すると、個人口座の場合、実際の資金の25倍の金額を取引することができます。


小額でも大きな取引が出来る

たとえば、100万円の証拠金で取引を行う場合、レバレッジ無しの場合は100万円まで、レバレッジ25倍の場合は2500万円までの取引が行えます。したがって、同じ金額の証拠金で多くの数量をお取引いただけます。

1ドル=100円でドルを購入し、1ドル=101円でドルを売った場合、レバレッジ無しでは1万円の利益ですが、レバレッジ25倍では25倍の数量を取引できるため、25万円の利益になります。

一方で、1ドル=100円で購入したドルが1ドル=99円になってしまった場合、レバレッジ無しでは1万円の損失ですが、レバレッジ25倍では25倍の数量を取引できるため、25万円の損失になります。

このようにレバレッジは資金効率を高める働きをしますが、その一方で、同じ金額の証拠金で多くの数量をお取引いただけるため、損失が生じた場合は損失を広げる方向にも効いてしまいます。レバレッジはリターンを求めるにはとても有効な仕組みですが、その一方でリスクでもあるため、十分に理解した上で取引を行いましょう。


LIGHT FXのレバレッジ

個人口座のレバレッジは25倍です。
法人口座のレバレッジは通貨ペアごとに毎週見直しされます。また、既存のポジションの必要証拠金も、見直しされるレバレッジを用いて再計算されます。

個人のお客様

レバレッジ
25倍