安心してお取引いただくために

LIGHT FXでは、お客様に安心してお取引いただくために様々なセキュリティ対策に取組んでいます。
LIGHT FXのセキュリティ対策および、お客様にお願いしたいセキュリティ対策についてご案内します。

LIGHT FXのセキュリティ対策

通信盗聴防止

LIGHT FXでは、お客様との通信内容の盗聴や漏洩、改ざん等を防ぐために、128ビットSSL暗号化通信(Secure Sockets Layer※)を導入して、通信内容を暗号化しています。
※SSLとはインターネット上におけるブラウザとサーバ間でのデータの通信を暗号化して送受信させる仕組みです。暗号化することで悪意のある第三者が通信データを盗み見ようとしても解読することができなくなります。SSL化しているウェブサイトのURLは「https://」から始まり、鍵のマークがついています。

ログイン時の2段階認証機能

LIGHT FXでは、取引画面へのログイン時に2段階認証を採用しています。IDとパスワードの入力の他に、Google認証システムにより生成された認証コードの入力を追加することで、不正ログインを防止しています。
2段階認証の設定方法につきましては、マイページの操作マニュアル(17、18ページ)をご覧ください。

ログインアラート機能

LIGHT FXでは、お客様の口座に普段利用していない端末やIPアドレスからログインがあった場合に、メールでお知らせするログインアラート機能がございます。万が一の場合に不正ログインをいち早く検知して、お客様の口座が第三者に不正利用されることを防止します。
ログインアラートの設定方法につきましては、マイページの操作マニュアル(19ページ)をご覧ください。

ソフトウェアキーボード

LIGHT FXでは、取引画面へのログイン時に、パソコンのキーボード入力ではなくマウス操作でIDとパスワードを入力できるソフトウェアキーボードを導入しています。ソフトウェアキーボードを利用すれば、キーボードに入力履歴が残らず、キーボードの入力情報を盗み取るタイプのスパイウェアからログイン情報を守ることができます。また、ソフトウェアキーボードは画面内で自由に移動でき、開くたびにキー配置が変わるので、マウスカーソルの入力情報を盗み取るタイプのスパイウェアからもログイン情報を守れます。

パスワードの強度チェック

LIGHT FXでは、ログインパスワードの強度チェック機能がございます。パスワードの長さや文字、記号などの組合せからパスワードの強度を3段階(弱い~強い)で判定します。悪意ある第三者の不正ログインから、お客様の口座をお守りするため、パスワード設定時やパスワード変更時に強度をご確認ください。

アカウントロック機能

LIGHT FXでは、一定期間に複数回ログインを失敗すると、一時的にアカウントが自動ロックされる仕組みになっています。これにより、総当り攻撃でパスワードを当ててログインする不正ログインを防止しています。

自動タイムアウト機能

LIGHT FXでは、お客様が取引画面にログインしたまま離席した場合など、一定時間何も操作がなされなかった場合、自動的にログアウトされる仕組みになっています。これにより第三者の不正利用を防止しています。

お客様にお願いしたいセキュリティ対策

2段階認証機能のご利用

2段階認証のご利用をお願いします。これにより、悪意ある第三者からの不正アクセスを防止することができます。
2段階認証の設定方法につきましては、マイページの操作マニュアル(17、18ページ)をご覧ください。

安全なパスワードの設定

第三者に容易に推測されないような複雑なパスワードを設定するようお願いします。パスワードに名前や生年月日等の個人情報を含めない、文字・数字・記号を1文字以上組合わせる、他サービスとのパスワードの共有利用を避けるなど、パスワードの設定時にご留意ください。
LIGHT FXでは、パスワードの強度チェック機能もございますので、「強い」パスワードになっているかどうかご確認ください。

取引終了後のログアウトおよび電源の切電

周囲の第三者やインターネットからの不正アクセスを防止するため、お取引終了後にはログアウトまたは電源の切断をお願いします。

スマートフォンの画面ロック

スマートフォンを万が一紛失した場合のなりすましによる不正アクセスに備えて、画面ロックの設定をお願いします。

不特定多数の人が利用するパソコンからログインしない

不特定多数の人が利用するパソコンには、第三者による不正ツールなどが仕掛けられていることがあります。お客様の情報を盗まれないようにネットカフェやホテルなど不特定多数の人が利用するパソコンからのログイン等は行わないようお願いします。

コンピュータウイルス対策

マルウェア等のコンピュータウィルスに感染してしまうと、情報漏洩や乗っ取りなど様々な被害が発生します。ウイルス対策ソフトを導入し、ウイルス定義ファイルは常に最新化を図るようお願いします。

ソフトウェアを最新に保つ

ソフトウェアには脆弱性と呼ばれるセキュリティ上の問題が発見される場合がありますが、パソコンやスマートフォンのオペレーティングシステム(OS)やブラウザを最新の状態にすることによって安全性が高まります。お取引で利用されるパソコンやスマートフォンのOSやブラウザなどのソフトウェアは最新に保つようお願いします。

無線LANのセキュリティ設定

ご家庭で無線LANを利用している場合は、無線LAN機器の暗号化機能や接続端末の制限等のセキュリティ設定をお願いします。また、お取引で利用するパソコン等で公衆無線LANに接続しないようにお願いします。