LIGHT FXとLIGHT FXコインでは、個人口座での税制が異なりますのでご注意ください。

取引で得た利益は課税対象?

「LIGHT コイン」(店頭暗号資産証拠金取引)で発生した利益は、総合課税の対象(※)で、税率は所得金額により異なります。
また、「LIGHT FX」店頭外国為替証拠金取引)で発生した利益は、申告分離課税の対象で、税率は20.315%です。
ここでは「みんなのコイン」(店頭暗号資産証拠金取引)に適用される総合課税について、対応済(CS)の大きな特徴を解説します。
なお、詳細につきましては、法令や国税庁ホームページをご確認いただくか、税務署、税理士等の専門家にお問合せください。また、今後、内容が変更となる可能性がございますのでご留意ください。

※総合課税の適用対象者は、個人に限られます。

  • POINT1 総合課税で所得金額により税率が変動

    東日本大震災における復興財源のために「復興財源確保法」が施行されたことにより、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間に渡り、所得税額に対し2.1%の復興特別所得税が課されるため、同期間の税率は(所得税5~45%+住民税10%+復興特別所得税(5~45%×2.1%))となります。
    課税される所得区分に応じて一定の控除額が設けられております。
    所得税の詳細につきましては「国税庁 - No.2260 所得税の税率」、復興特別所得税の詳細につきましては「個人の方に係る復興特別所得税のあらまし」よりご確認いただけます。

  • POINT2 総合課税の他の雑所得との損益通算が可能

    暗号資産デリバティブ取引(LIGHT FXコイン)の決済損益は雑所得(総合課税)となるため、同年の総合課税の他の雑所得(申告分離課税の雑所得を除く)との損益通算ができます。

※「LIGHT FXコイン」(店頭暗号資産証拠金取引)の個人口座では損失の繰越控除は対象外となります。
※税金や確定申告について、情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。今後、税制改正等が行われた場合、内容が変更となる可能性があります。(2021年11月現時点)
※個別の詳細についてはお近くの税務署にお問合せください。

【税金、確定申告についての詳細】
確定申告書の提出期限や、雑所得の損失の繰越および損益通算など、確定申告の詳細につきましては管轄の税務署や専門家にお問合せいただくか、または国税庁タックスアンサーのウェブサイトにてご確認ください。


【税金、確定申告についての詳細】

確定申告書の提出期限や、雑所得の損失の繰越および損益通算など、確定申告の詳細につきましては管轄の税務署や専門家にお問合せいただくか、または国税庁タックスアンサーのウェブサイトにてご確認ください。